精密バイス「NEOTEC」と信頼の焰「Sakae Fuji」の製造メーカー

ブログ

ブログBLOG

【社員ブログ】もうすぐバレンタインデーですね

社内のあれこれ2024年02月12日

気が付けば、2024年ももう1か月が終わりました。
新年から能登半島地震が発生し、被害にあわれた皆様は今も大変な思いをしていると思います。
心よりお見舞いを申し上げますとともに、ご家族や大切な方々を亡くされた皆さまへ、謹んでお悔やみを申し上げます。
そして、日常が一日も早く戻ってくることを心よりお祈り申し上げます。


さて、2月といえば『バレンタインデー』ですね。
ガストーチで炙って、バレンタインっぽいものが作れたら、ワンランク上のバレンタインデーになるのでは。。
ということで、早速炙ってみました。

☆用意したもの☆
①焼き芋ブリュレ
 焼き芋
 砂糖(今回は家に粉末のてんさい糖しかなかったのでそれを使いました)
 ミルクココアパウダー
②ブリュレバームクーヘン
 バームクーヘン(市販のものなら何でもOKですが、輪切りになっている方が見た目が良い)
 砂糖(こちらも上記と同じくてんさい糖)
 ミルクココアパウダー

焼き芋ブリュレは、
 焼き芋を半分にカットし、カットした面に砂糖をこれでもかというくらいのせる。
 ガストーチで砂糖を少しづつ炙り砂糖が溶けてプツプツして色が変わってきたら火をとめる。
 上にミルクココアパウダーをかけたら出来上がり。
ブリュレバームクーヘンは、
 バームクーヘンの上に砂糖をこれでもかというくらいのせる。
 ガストーチで砂糖を少しづつ炙り砂糖が溶けてプツプツして色が変わってきたら火をとめる。
 上にミルクココアパウダーをかける。 以上。
とっても簡単でした。
しかも、味はブリュレの甘さと香ばしさが絶妙で、ココアパウダーでバレンタインっぽさもあり美味しかったです。

ちなみに、細い炎・幅が広い炎で炙ってみたんですが、
幅が広い炎は平面向き(焼き芋ブリュレは炙りやすいけど、穴あきバームクーヘンは穴の縁が焦げやすい、)
細い炎はどちらもできるが、幅の広い炎より時間がかかるという結果でした。

ぜひ、皆さんも、いろんなものに砂糖をたっぷりのせて炙ってみてください。


P.S.ミルクココアパウダーにも砂糖が入っているので炙ったらおいしいかと思ったのですが、
  炭化してシシャモの焦げのような味が、、興味のある方のみ試してみてください。責任はとれませんがW

ページトップへ