精密バイス「NEOTEC」と信頼の焰「Sakae Fuji」の製造メーカー

金型事業

事業紹介BUSINESS INTRODUCTION

金型事業MOLD BUSINESS

事業内容
当社は金型メーカーとして自社オリジナルブランドの金型製品を手掛けるだけでなく、自動車部品メーカー向けに自動車部品の金型の製造も行っております。三次元形状をはじめ多様化する金型ニーズに対し、高精度、高品質の金型及び金型パーツを設計・製作をしています。
  • 開発・製造の想い
  • 開発・製造の想い

    製品図面や製品モデルをもとにして、三次元CADで金型設計をし、作成したCADモデルを使って三次元CAMでカッターパスを作成し、マシニングセンターで高速加工を行い、三次元測定機で保証した高品質の部品を仕上げ組付け工程で殆ど調整することなく金型を作り上げることをモットーに日々改善を繰り返しています。
    自社ブランド NEOTEC で培った考え方や技術を応用した治具を自社作成し、コストパフォーマンスの高い部品加工を展開しています。

  • 営業の想い
  • 営業の想い

    「お客様の要求を満たすためには何をすればよいのだろう」を意識し続け、品質、納期を最優先に考えることで、信頼、信用を積み上げていき、お客様から安心して仕事の依頼をしていただけるように心がけています。
    得意分野を重点的に伸ばし、品質、納期、コスト、スキルで飛び抜けた存在になれるよう、製造と協力して成長し続けていきます。

金型製作の流れMOLD FLOW

現在、業務多忙につき新規のご依頼を受け付けておりません。
ご迷惑をお掛けいたしますが、宜しくお願いします。

  • 1.打ち合わせ・お見積り
    • 1.打ち合わせ・お見積り
    • お気軽に相談及びお問い合わせください。
      打ち合わせで現状の課題や問題点をヒアリングします。
      お客様から提供されました図面・仕様書をもとに見積書を提出します。
  • 2.設計・加工データ作成
    • 2.設計・加工データ作成
    • 打ち合わせなどで得た内容ともとにCAD/CAMシステムで金型の設計図を作成します。
  • 3.金型加工
    • マシニングセンタで金型の鋼材を削って加工していきます。
      切削・研削・ワイヤーカット放電加工などを駆使して加工し、三次元測定で形状寸法確認をして部品を完成していきます。
  • 4.組み立て・仕上げ
    • 4.組み立て・仕上げ
    • 加工された金型部品をミガキやショットブラストを実施し、仕上げ作業をした部品を組み立てをします。
      出荷検査をして金型を完成させます。
  • 5.納品
    • 5.納品
    • 梱包後、納品いたします。

金型製作MOLD PRODUCT

型、型部品、治具の設計製作

※右にスクロールできます。

冶具
鋳造型、プラ型、ダイキャスト型、他 自社製品(研削、放電、ワイヤーカット、他)
顧客専用仕様(要打合せ)

主な取引先

アイシン精機 豊田中央研究所
アート金属工業 東海理化
豊興工業 OSG
日清紡 ユニクラフトナグラ
前田技研

設備

※右にスクロールできます。

設備名 メーカー 台数
横型マシニング キタムラ 3台
マキノ 3台
縦型マシニング マキノ 3台
ヤスダ 1台
エンシュウ 1台
NCフライス盤 マキノ、浜井産業、エンシュウ 3台
汎用フライス盤 マキノ 3台
汎用旋盤 大隈、愛知時計 2台
ラジアルボール盤 CSEPEL 1台
ショットブラスト 不二製作所 1台
冶具研削盤 ムーア 1台
放電加工機 ソディック 1台
ワイヤーカット ソディック 1台
マキノ 1台
3次元測定機 東京精密 1台
工具顕微鏡 EーMAX仕 1台
2台
投影機 ニコン 1台
3次元CAD/CAM NX 3台
CAMーTOOL 1台
2次元CAD CADIAN 2台
クレーン 2t 1台
1t 4台

3次元CAD/CAMでNCデーター作成し高速切削の条件で3D形状を直彫りします。
被削材は鉄、鋳鉄、アルミ、銅など。

ページトップへ