草焼一番シリーズ

KY-1000 (草焼灯油バーナー)

KY-1000.jpg
草焼きのスタンダード予熱式バーナー

草焼一番 KY-1000

タンク一体型最軽量タイプ
タンク容量 1.0リットル
炎の長さ(mm) 350-400mm
火口径  Ø 50
火炎温度 1.360℃
熱量 19.8kW(17.000kcal/h)
燃焼時間 約30分-40分
本体寸法 全長1,008×幅50×高さ72
本体重量 1.6kg
特長

軽量設計で女性でも操作が
ラクラク

筒型でストラップ付だから
歩きながらでも作業できる

燃料の通り道である熱交換パイプはステンレス製でサビにくく長持ち

附属品 予熱用ロックウール缶、掃除針、L型レンチ、予備ノズル
JANコード 49 56805 008108

部品図はこちら.jpg

 

KY-2000 (草焼灯油バーナー)

KY-2000.jpg
草焼きのスタンダード予熱式バーナー

草焼一番 KY-2000

タンク一体型最軽量タイプ
タンク容量 1.0リットル
炎の長さ(mm) 350-500mm
火口径 Ø 65
火炎温度 1.360℃
熱量 24.5kW(21.000kcal/h)
燃焼時間 約25分-35分
本体寸法 全長1,073×幅65×高さ83
総重量 2.0kg
特長

軽量設計で女性でも操作が
ラクラク

筒型でストラップ付だから
歩きながらでも作業できる

燃料の通り道である熱交換パイプはステンレス製でサビにくく長持ち

附属品 予熱用ロックウール缶、掃除針、L型レンチ、予備ノズル
JANコード 49 56805 008122

部品図はこちら.jpg  

 

KY-2500HB (草焼灯油バーナー(ハイブリッドバーナー))

KY-2500HB.jpg
予熱時間0分!ハイブリッドバーナー

草焼一番 KY-2500HB

過圧防止弁付 
※ワンタッチでタンク内の空気圧が抜けます
タンク容量 2.0リットル
炎の長さ(mm) 450-500mm
火口径  Ø 65
火炎温度 1.370℃
熱量 51.6kW(44.400kcal/h)
燃焼時間 約30分-40分
本体寸法 全長1,233×幅116×高さ231
総重量 3.4kg
特長 カセットボンベのガスの炎でスピーディーに予熱完了
予熱中の炎でも作業可能なので実質予熱0分!!

使用後はカセットボンベのガスによるクリーニング効果でノズル・パイプの目詰まり解消

燃料の通り道である熱交換パイプはステンレス製でサビにくく・長持ち

附属品 カセットボンベ(KYB-250)1本
JANコード

49 56805 008085

 動画はこちら.jpg

  部品図はこちら.jpg

 

カセットボンベのガスの炎でスピーディー(約15-30秒)に予熱が完了します。また、予熱の間に草焼作業(1,300℃の炎)ができるから燃料にムダがありません。そして、予熱時にススが出ないので、ノズル詰りがありません。
カセットガスより燃料コストの安い灯油で作業するので
従来品どおり経済的です。

また、灯油を熱交換パイプ(らせん状パイプ)内で完全気化させるので高温の炎が持続します。
カセットボンベのガスの炎でクリーニングします。
熱交換パイプ(らせん状パイプ)内に残った灯油をガスの圧力でほとんど押し出すため、ノズル/パイプ詰りが激減します。

ハイブリッドバーナーの使用手順                                     動画はこちら

給油口から灯油を入れ、カセットボンベを装着し、タンクに圧力をかけます。
バーナーを上に向け、ガス調節つまみを開き、着火ライターで着火します。
着火したバーナーを下に向け、予熱とガスによる草焼を開始します。
(予熱はおよそ15-30秒で完了します。)
灯油つまみを少し開くと、炎が赤くなってきます。
落ち着いた炎ならガスを止め、灯油のみで草焼を開始します。
 
途中、炎が小さくなってきたら、ポンプで圧力をかけたり、灯油つまみで調整しながら草焼をします。
草焼が終わったら灯油を止め、もう1度ガスを出します。
(ノズル、パイプのクリーニングのため。)
炎が完全に青く変化したらガスを止め、草焼作業を終了します。
 

KY-5000HB (草焼灯油バーナー(ハイブリッドバーナー))

KY-5000HB.jpg
予熱時間0分!ハイブリッドバーナー

草焼一番 KY-5000HB

過圧防止弁付 
※ワンタッチでタンク内の空気圧が抜けます
タンク容量 5.0リットル
炎の長さ(mm) 600-800mm
火口径  Ø 81
火炎温度 1.390℃
熱量 86.1kW(74.000kcal/h)
燃焼時間 約40分-50分
本体寸法 バーナー接手部
1.305×85×167
タンク部
Ø177×H476
ホース1.6m
総重量 5.9kg
特長 カセットボンベのガスの炎でスピーディーに予熱完了
予熱中の炎でも作業可能なので実質予熱0分!!

使用後はカセットボンベのガスによるクリーニング効果でノズル・パイプの目詰まり解消

燃料の通り道である熱交換パイプはステンレス製でサビにくく・長持ち

附属品 カセットボンベ(KYB-250)1本
JANコード

49 56805 008115

動画はこちら.jpg

部品図はこちら.jpg

 

                  

カセットボンベのガスの炎でスピーディー(約15-30秒)に予熱が完了します。また、予熱の間に草焼作業(1,300℃の炎)ができるから燃料にムダがありません。そして、予熱時にススが出ないので、ノズル詰りがありません。
カセットガスより燃料コストの安い灯油で作業するので
従来品どおり経済的です。

また、灯油を熱交換パイプ(らせん状パイプ)内で完全気化させるので高温の炎が持続します。
カセットボンベのガスの炎でクリーニングします。
熱交換パイプ(らせん状パイプ)内に残った灯油をガスの圧力でほとんど押し出すため、ノズル/パイプ詰りが激減します。

ハイブリッドバーナーの使用手順                                     動画はこちら

給油口から灯油を入れ、カセットボンベを装着し、タンクに圧力をかけます。
バーナーを上に向け、ガス調節つまみを開き、着火ライターで着火します。
着火したバーナーを下に向け、予熱とガスによる草焼を開始します。
(予熱はおよそ15-30秒で完了します。)
灯油つまみを少し開くと、炎が赤くなってきます。
落ち着いた炎ならガスを止め、灯油のみで草焼を開始します。
 
途中、炎が小さくなってきたら、ポンプで圧力をかけたり、灯油つまみで調整しながら草焼をします。
草焼が終わったら灯油を止め、もう1度ガスを出します。
(ノズル、パイプのクリーニングのため。)
炎が完全に青く変化したらガスを止め、草焼作業を終了します。